足の爪に痛みを感じているなら|巻き爪の専門医院を受診しよう

最新記事一覧

症状が重くなる前に

レディ

度合いを把握

普段履く靴の形で巻き爪となる方も多く、東京で行っている治療の種類としては、状態によって治療方法が異なります。巻き爪の症状が軽度ですと、痛み止めや抗生物質の薬を飲みながら、軟膏など併用することになります。巻き爪になっていて、すでに炎症を起こしている時には、爪の部分を切除することが必要になってきます。中度ですと、巻き爪の先端を切除して、爪の根っこを破壊するフェノール法があります。また、横側にプラスチックや金属製のプレートを貼りながら、巻き爪を矯正していくプレート法があります。湾曲してしまった爪の部分にワイヤーを取り付けて、爪の形を平らにするワイヤー法もございます。重度の巻き爪に関しては、爪の横を切開することで二度と生えてくることがないように、切除する爪母全切除法があります。治療をする場所としては、病院の皮膚科で治療をしてもらうと、巻き爪も改善してくるようになります。東京の病院では、保険適用となる場合が多いので、費用の負担の面でも助かることになります。症状の状態は、自分自身で判断することなく、皮膚科の専門の医師に診てもらうことで、適切な治療を行ってくださいます。東京には多くの皮膚科がございますので、気になるようでしたら、一度診てもらうことで、症状の度合いを知ることが出来ます。行かれる医療機関によって、費用も変わりますので、よく確認した上で、治療を進めてもらうことが大切です。足の部分ですので、生活する時に不便さがありますので、東京の周辺にある皮膚科で早めの治療を心掛けることです。